桜蔭、麻布、女子学院、渋谷教育学園幕張、渋谷教育学園渋谷、広尾学園(医サイ)、豊島岡、聖光学院(帰国)、慶應普通部、慶應中等部、慶應湘南藤沢、筑波大附属、浅野、芝、立教新座、青山学院、栄東(東大特待含む)、浦和明の星、市川、東邦大付属東邦、立教池袋、中央大学附属、法政大学、法政大第二、頌栄女子学院、東洋英和、東京都市大付属、世田谷学園、成蹊、淑徳(東大選抜)、専修大松戸、普連土学園、城北、成城、開智日本橋、麗澤、成城学園、安田学園、佐久長聖、高輪、淑徳与野、東京女学館、富士見、かえつ有明、東洋大学京北、順天、山脇学園、青山学院浦和ルーテル、千葉日大/他多数

 

 
中学受験の算数は難しい。しかし、そこに時間とエネルギーを費やしすぎて失敗するケースが多い。
そうならないように、「国語」の学習を計画を立てて効率よく進めておこう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出題傾向と出題問題のレベルを知る。

「渋谷教育学園渋谷中」と「高輪中」で比較

 

 


●1回目の文章問題は、過去3年間すべて「食塩水の問題」でレベル3。難易度はかなり高いです。
2回目には出題されません。

●「角度・面積・長さ」「体積・表面積」「図形・点の移動」は1回目も2回目もすべて出題されます。
難易度はレベル3と4です。

●「規則性」「場合の数」もよく出題されます。

 

 

 

●1回目の文章問題は「食塩水の問題」でレベル1またはレベル2なので、算数の裏技「ワセダ式」ですべて解けます。

「旅人算」「通過算」もよく出題されます。

 

●「角度・面積・長さ」「辺の比と面積の比・相似」 「体積の表面積」がよく出題されます。
難易度はレベル2と3です。

 

 

 

 

を受験するお子様は、「食塩水の難しい問題」まで完璧にできるようにしておきましょう。次に、図形の問題を攻略してください。

 

を受験するお子様は、「食塩水のレベル1・レベル2」の問題だけでオッケーです。

あとは、「旅人算」「通過算」も攻略しましょう。


 

 

 

●知識問題は「漢字の書き取り」が8問だけ。

漢字が書けるようにしておきましょう。
 

●「小説・物語」「説明文・論説文」は5択問題と記述問題だが、レベル4で読解力・表現力が求められ、かなり難易度が高い。

集団授業でこのレベルに到達するためには、時間がかかりすぎます。
 

●1:1の東大生の授業と「ノビル式国語」を組み合わせて、正答率を高めてください。

 

 

●知識問題は「漢字の読み」4問、「漢字の書きとり」4問、「熟語」「慣用句・ことわざ」が出題されます。

知識問題は確実に得点しましょう。
「小説・物語」「説明文・論説文」は4択問題と記述問題だが、レベル2またはレベル3の問題で「ノビル式国語」と1:1の個別指導で正答率は格段に上がります。

 



 

 

を受験するお子様は、「漢字」と「表現力」と記述の書き方を今から繰り返し練習してください。

1:1の個別指導を短期間受講するのも良いと思います。

 

 

多くの男子生徒が国語が苦手です。だからこそ、国語で高得点をとれば合格に近づきます。

「漢字」「慣用句・ことわざ」を繰り返し学習してください。

「表現力」と「記述の書き方」は、1:1の個別指導で習得してください。

 

 


 

 

 

 

 

 

① 教室長と1か月の目標と学習スケジュールを決めます。


② 自習室ですぐに学習できる暗記教材を決めます

 

 

③ 暗記の確認テストを教室長の判断で実施します。

④ 算数の苦手単元プリントを演習します。

レベルに応じて、完全にできるようになるまで繰り返し学習します。
 

⑤ SAPIXなど、他塾でのクラスアップのために苦手科目・苦手単元を強化!

 

 

 

 

講師応募